【感謝の気持ち】

一人で何でも出来るとイキッていた思春期は遠い昔。歳をとる毎に支えてくれる人やモノへの感謝の気持ちが強くなってきました。人への感謝は「言葉」と「行動」で伝えて。モノへの感謝は「ケア」することで表して。今日はそんな話。靴のソールって気にしたことはありますか?雨の日も、雪の日も、ガム踏んじゃってヘコんだ日も、常に足元を支えて守ってくれているソール。靴で一番負担のかかる部分だけど、普段あまり気にしない部分。たまにで良いです。月一回くらい。感謝の気持ちでケアをしてあげましょう。今回はレザーソールのケアの手順を。
①まずは馬毛ブラシでソールに付着しているホコリを落とします。
②ソールに固着した汚れがある場合は、クリーナーを使用します。※目立った汚れがない場合は、この工程は不要です。
③綺麗になったソールに「レザーソールリキッド」を塗っていきます。
ミンクオイルを配合しているレザーソールリキッドは、ソールの柔軟性を高め、ヒビ割れなどの劣化を防ぎます。塗ったソールは革の色が濃くなっていますよね?革への浸透性の高さも特長のひとつ。オイルがしっかり革に浸透することで、防水性・耐久性もアップします。
光沢は出ません。というか、光沢出しちゃダメです。ツルツル滑る原因になります。靴のケアってキレイにすることが目的の大半を占めているし、美しさを求めるのは正解。でもソールのケアに関しては美しさよりも「労わる」ことを目的にして欲しいです。これからも長く長く、足元を支えてくれるように、月一回の「労わり」を始めてみませんか?

コロンブスオフィシャルブログ

革製品のお悩み解決