起毛の虜

動物が好きです。特に子犬や子猫は一日中抱いて撫でていても飽きません。あのフワフワな柔らかい毛並みの虜になった方はきっと多いはず。そんなフワフワ大好きな方達は、きっとスエードも好きなはず。今日はそんな起毛の虜になった方達へ向けて。起毛革の話です。起毛した革を起毛革と言います。スエードやヌバック、ベロアなど毛足の長さなどで名称は違いますが、ケアの手順は一緒。スムースレザーよりもケアが難しいと思われがちな起毛革ですが、実はすごく単純で簡単なんです。起毛革の中でもメジャーなスエードの靴で、ケアの一連の流れを説明します。
①まずは起毛革専用ブラシでブラッシング。
力を入れすぎず、やさしくブラッシング。毛の奥に入ったホコリを掻き出して、毛並みを整えます。起毛素材はブラッシングがとても重要。ブラッシングでケアの7割完了するくらい重要です。ブラッシング ブラッシング ブラッシング 3回声に出して覚えましょう。②退色が激しい場合は、起毛革専用の補色ミストで色を補います。
全体が軽く湿るくらいにスプレーします。何度か重ねてスプレーすることで、色は濃くなります。退色具合でスプレーの回数は調整してください。手に付くと落ちにくい場合がありますので、気になる方は付属の手袋を使用ください。③スプレー後、専用ブラシで再度ブラッシングを行い毛並みを整えます。
起毛革の補色ミストは、退色しにくい染料が配合されていて色数も12色!きっとあなたの靴にぴったりの色が見つかるはず。ローズヒップオイルという保革オイルも配合なので、乾燥した革もしっとり蘇ります。④仕上げに防水スプレーを。
靴から20cmほど離して、全体が軽く湿る程度にスプレーします。起毛革と防水スプレーの相性は最高。防水スプレーを定期的にスプレーすることで、雨染みや汚れから起毛革を守ります。これでケアは完了。簡単でしょ?
なにより大事なのは、ブラッシング。スエードの靴を履いた日は、帰宅後、かならずブラッシングしてホコリや汚れを溜めないのが一番大切。そんなブラッシングに最適な起毛革専用ブラシが新発売されます。「コロンブス スエードブラシ」
0.08mmの極細ステンレス毛を使用した起毛革専用のブラシです。
極細のステンレス毛が、革を傷つけることなく細かいホコリを落とし、毛並みを整えます。適度なコシを持たせているので、毛足が寝てしまったスエードの毛を起こす際にも活躍します。上質なシルキースエードにも。
デリケートなムートン素材にも。
丈夫なブナ材を使用した握りやすい持ち手。女性の小さな手にもフィットします。
なによりブラッシングした時の感触が今まで使ってたブラシとはまったく違うはず。ぜひ、一度手にとって実感してみてください。

コロンブスオフィシャルブログ

革製品のお悩み解決